使い心地の良いミネラルファンデーションはランキングでチェック

若々しい肌を保つ為に

スキンケア

高価なだけでは駄目

歳を取り、失われた肌のツヤやハリを取り戻してくれるアンチエイジング化粧品。しかし、高い化粧品を使ったのに、効果を実感出来ない事があります。それもそのはず、肌の老化の要因となる物それぞれに有効な成分は違うので、どれだけ高価なアンチエイジング化粧品を使っていても、気になる部分の原因に有効な成分が含まれていなければ、普通の化粧品を使っているのと大して変わらないのです。さまざまな肌の老化は「光老化」・「酸化」・「乾燥」・「菲薄化」・「糖化」の5つの要因からなっており、それらが複合的に作用する事で、シワが出来きたり、ハリが失われたりするのです。5つの要因それぞれに有効な成分をしっかりと把握し、必要な化粧品を選んでいきましょう。

有効な成分を知ろう

「光老化」は「レチノール」や「m-トラネキサム酸」によって角質の保湿性を高め、柔らかくしてコラーゲンの生成を助ける事で予防出来ます。「酸化」は「ビタミンE誘導体」によって皮膚の血液循環を改善し、「コエンザイムQ10」によって酸化の原因となる活性酸素を取り除くといいでしょう。「乾燥」には「ローヤルゼリーエキス」・「ヒアルロン酸」・「セラミド」などが有効です。「ローヤルゼリーエキス」によって肌の新陳代謝を促進させ、「ヒアルロン酸」によって肌にハリを与え、高い保湿能力を持つ「セラミド」によって肌に潤いを与える事で乾燥を防ぐのです。肌が薄くなる「菲薄化」には、肌に「コラーゲン」を直接補い、ハリや弾力を与える事で改善出来ます。「糖化」は老化促進物質「AGEs」が作られている状態を指しています。これが進むと、急速に見た目に老化が進みます。そのため、各化粧品会社も特に力を入れており、それぞれ独自に開発した成分を売りにしています。コレに関しては、必要な成分を覚えるより「抗糖化化粧品」と覚えるのがいいでしょう。