使い心地の良いミネラルファンデーションはランキングでチェック

肌に優しい物で保湿する

コスメ

症状次第では病院に行く

少しの刺激にも肌が反応してしまうのが敏感肌です。外で日差しを浴びて汗をかいたり髪や手が顔に触れたりしただけでかゆくなります。洗顔やお手入れで化粧品がしみてひりひりとした痛みを感じる事もあります。赤みや吹き出物が出たりもします。症状がひどい場合はまず皮膚科で相談した方が良いです。今の症状を改善する為の薬やスキンケア方法を教えてくれます。敏感肌を改善しようと焦って間違ったスキンケアをするとかえって悪化してしまう事も考えられます。自己判断はせず専門医に相談する事が大事です。相談する事で化粧品選びのポイントも分かるかもしれません。肌が揺らぎ敏感肌になる可能性は今後もあります。病院に行く事は今ある症状を治すだけでなく今後の予防にも役立ちます。

普段から乾燥させない

肌を分類する時に敏感肌というカテゴリーはありません。肌が乾燥すると肌のバリア機能が弱り外的刺激に過敏に反応します。この反応し易い肌の事を敏感肌と捉えています。ですから乾燥肌が敏感肌に限りなく近いです。乾燥していると自覚のある人は症状が出る前に化粧水などでたっぷりと保湿をする事が大切です。肌が乾燥に傾く要因は日々たくさんあります。自覚のない人も保湿はきちんとした方が良いです。化粧水はたくさんある為買う時に迷う可能性があります。化粧水を選ぶ時のポイントは肌に優しい低刺激の物を選ぶ事です。箱の裏などに書かれている成分を見る事も大事です。保湿成分は色々あります。その中でも特に保湿に効く成分はセラミドやヒアルロン酸です。肌が元々持っている成分で少なくなると肌が乾燥し易くなります。これらの成分が配合されている化粧水でスキンケアを続けると肌が潤いを取り戻します。乾燥が改善されるとかゆみや痛み、吹き出物などもなくなります。水分と油分のバランスが良くなり肌が健康な状態になるからです。